いよいよフェーズ3へ…仮面ライダービルド36話「エボルトは星を狩る」感想

投稿者:

ついに開けられてしまったパンドラボックス!

いやいやいや!
最近は本編がシリアスなのもあって振り返りはだいぶ振り切れて中和しに来てますね。すこなんだ…。

それはそうとして。
ついに主人公まで乗っ取られてしまった!
そして明かされる「プロジェクトビルド」の真相!

目的は戦兎ではなくあくまでも戦兎が持つ「科学力」だった!
ということでいいんですかね?
究極の魂!究極の体!究極の頭脳!究極変身エボルト!だと認識した。大分アホっぽいな…。
というかエボルボトルそうやって作るんですね…。
今回の話見ておもったんですが、いつだったかの「全力中の2%」っていうのはあくまでも完全体換算でっていう意味っぽい?
というか、そうでないと戦兎にボコられてたエボルトさんの立つ瀬がない。
今回驚いたのが力を出せる状態だとベルナーシュ>エボルトっぽいということ。
エボルトさんだいぶ上か同格くらいの話し方してたのに正面戦闘?で既に負けていたという真実。
そりゃ弱ってるの気付いたらはしゃいじゃうよね。
今回戦兎が使ったパンドラボックス製謎アイテムを誰かが作らないように細工してたのも条件が揃わないとワンチャン負けてしまうからだったり?
エボルトなかなかの快楽主義者なのかなとおもってましたが、一つ一つ考えていくと「プロジェクトビルド」含めめちゃくちゃ根気のいる計画ですね。意外と繊細なのか…。東映公式見ると戦兎の体に入っている状態は既に予定外っぽいので来週以降は急にあたふたしたりオロオロするエボルトが見れるかも?見たくないなぁ…。

今回カシラも良かったよ!
半ば失意の中にある玄徳を連れ出して、自分が戦う理由とそのためになら強くなれる、と。
「仲間になれ」は赤羽のことも考えるときついはずなんだけど、もっと大きなもののために。
許しはしないけど、今の状況にお前は必要なんだと。
今回前回とドルオタムーブがひどかった(褒め言葉)ので

急にかっこいいとこ見せられると高低差で過呼吸になってしまう。
だが、名前は呼んでもらえない。多分呼ばれるのは死亡フラグになってしまうので本編後のエピローグとかでおねがいします。

今回はこんな感じ?
次回は久しぶりに難波の最高傑作(自称)兄弟が出るみたいですね。
今の状態で何ができるんだ…?(真面目)
玄徳を煽るだけ煽って負けそう(無慈悲)
エボルトに乗っ取られてしまった戦兎はどうなるのか?
帰ってきた万丈は変身能力を失っているようだが…?
どうなる37話!チャオ!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です