俺ちゃんがシリアス?! デッドプール2感想

投稿者:

「デッドプール2はファミリー映画だ」
はじめにこれを聞いたときは恒例のギャグだと思っていた。
でも違った。
見たやつは言うはずだ。「デッドプール2はたしかにファミリー映画だった」ってな。

というわけでデッドプール2感想です。
いやー、内容の濃い2時間でした!
2を見たあとだと無印は自己紹介動画くらいだったんだなぁと思うほどには濃かった。
今回はCMの打ち方もうまかったと思うんですよ!
CMだとvsケーブルのところがクローズアップされてたのでまさか共闘することになるなんて微塵も思ってなかったです。
CMだと「X Force」もよく出ていたように感じたんですが、まさかヘリから飛び降りたあとほぼ全滅するとは!
いい意味で裏切られました。

開幕ローガンもとんでもないパワーが有った。
あれがあるだけでこの映画ちゃんと見ようってなりました。
自分はX-MEN系列何も見てなくてローガンも名前しか知らないような状態だったので、「他作品の主人公をこんな悪趣味なフィギュアにするなんて!俺は今確かにデッドプール2を見ている!」
というような感情でした。

エンドロールのところで殺してたのはどっちも自分(ライアン・レイノルズ)だったんですね。
「グリーン・ランタン」のは知らなくてもなんとなくわかったんですが、「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」のほうはわかんなかったです!
あれもデッドプールだったとは、いやはや。

今回は「スーパーヒーロー着地」自分でやってましたね!
めっちゃ痛がってましたが。そりゃそうじゃ。

最初の方とかほんとにシリアスしてたので(恋人殺されて犯人殺すとこくらい)
今回はこんな感じなのかなぁとか思ってたんですよ、最初の方は本気で!
見てるときは本気でそんなコト思ってたんですが、あとから振り返ってみるとミュータント収容所行ってすぐに弓おじネタにしてましたし、そうでもなかったですね。
ラッセルもケツに看守のペン入れたりしてましたし。デップーじゃなくてもうえぇぇ…ってなるよそれは!
そのあとは少しシリアスしてましたけど、ケーブルが未来から来てラッセル狙いが判明して戦ってくらいまでですね。シリアスめっちゃ短いじゃん…。
X Force結成くらいからはもうギャグじゃんよ。死ぬとこまでワンセットだよ。
ケーブルと仲間になるくらいのところはシリアスしてたかな?とおもったけど、下半身があの状態だったのでノーカン。
ほかだと最後の方のデップーが死ぬ死ぬ詐欺(死ぬ)してたところがシリアスだった。
え、ほんとに死ぬの?えっ…って感じになってたけど、割と死ななくて首輪が壊れてて死なないとかかな?と思ってたらほんとに死んだよ!え?ってなってるうちにケーブルに助けられる。
そのへんを見て(ドーピンダーはカウントしない)「今回はたしかに割とファミリー映画だったなぁ」
なんて振り返ってるところでエンドロールの黒歴史抹消ですからね!畜生、感動した俺が馬鹿だった!やっぱりこれはデッドプールだ、最高だよほんと!
この間隔でケーブルが持ってきた感動ぶち壊してるのホント最高でした。帰れないとか2回しか使えないとか何だったんやって。
でもピーターは助ける。くそ、こんなところはヒーローしやがって。最高だよ、デッドプール。

途中で息抜きみたいに挟まってくるデップーとユキオのやり取りは癒やされました。この映画の唯一の清涼剤と言っていいと思う。あのやり取りをやりたくなってしまう。

他の映画ネタも結構有りましたね。残念ながらアナ雪もスター・ウォーズもあんまり知らんのです。X-MEN周りくらいはちゃんと調べといたら良かったなぁと少し反省。

そういや、ジャガーノートさんがでてましたが、彼はミュータントじゃないんですね、びっくり。
マーベル世界における石ヤバすぎない?そんなポンポン強くなっていいのか…。

というわけでざっくり感想なのでこんなところで。
無印見てたほうがいいだろうけど、見てなくても見れる映画になってると想うので無節操におすすめしていこうと思います。

結局シャークネードは何作目になっているんだろうか、気になる。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です