遂に全面激突!!仮面ライダービルド第44話「エボルトの最後」感想

投稿者:

前回の三つの出来事!
一つ、戦兎の父「葛城忍」を発端に、幻さんとかずみんが出ていってしまう。
二つ、それらのゴタゴタの隙を突いたエボルトに美空(ベルナーシュ)をスマッシュにされてしまう。
三つ、復活した戦兎が美空と万丈を助け、ハザードレベルが7.0を超えたことでラビットフルボトルが変質する。

そんなこんなで今回。

敵に捕まってしまう幻さんとかずみん

変身する間もなく捕まってしまう二人!
前回の最後から普通になにか策があってエボルト倒しに行ったんだと思っていましたが、「策はあるけど倒しに行ったわけじゃないよ!」という展開でした。
かずみんこの短い期間に2回もガス注入とか普通にやばいでしょ。実際、エボルトに殴られるたびにハラハラしてた。幻さんも無事で何より。でもガス追加したし、今後は幻さんもやばいよね…?
戦兎・万丈はアイテムで直接的に強化して、幻さん・かずみんはガスで物理強化していく方針なんだろうか?ここらへんはVシネに期待。期待(大事なことなので2回言いました)。
しかし、エボルト戦ではふたりとも活躍してたので何より。この二人は色的にも対になってる感じがあるので同じベルトで対になるような色に変身というのは見た目アドがすごいのでホント好き。死なんでくれよ…。

敵?味方?

幻さん・かずみんを助けに向かった戦兎・万丈組の前に立ちはだかったマッドローグ・父ビルド。
二人を助け、マッドローグをダウンさせたあとに激突するビルドVSビルド。
厳しい言葉をぶつけられ、追い詰められる戦兎だったがすんでのところで逃し、適当に逃げたことにする父ビルド。
ここまでの描写もあり、あくまでも「ロストボトルの生成」が目的でエボルトの生死には拘泥していない様子?
ここまでは味方寄りに感じるものの、エボルト打倒後は果たして…?という感じ。どうなるか?

焦る戦兎

敵本拠地から脱出後、新アイテム「ブリザードナックル」を試す戦兎達。
しかし、なにか要素が足りていないのかうまく扱えない万丈。
父の言葉からか、エボルト打倒に向けてことが進まないことに苛立つ戦兎。美空からの忠告もあまり耳に入っていない様子。敵対を確信した一方で、逃してくれたことなどから父のことを諦めきれないことが作用してそう。
そんな焦り・苛立ちから一人でエボルトの呼び出しに応じ、向かってしまう。

遂に4人揃って変身!

ようやっと4人揃っての変身ですよ!
変身した状態で4人揃う(万丈・幻さん・かずみん・戦兎inエボルト)はありましたが、4人がちゃんと揃って同時に変身するのは多分初めてです!やっぱりテンション上がるなぁ!
こうして並んでるところを見ると、スクラッシュ組も見劣りしませんね(個人の意見)。
というか、その前のやり取りで万丈が戦兎の手からブリザードナックルかっさらっていたのでそれで変身するのかな?と思っちゃいました。普通にマグマだった。

遂にエボルト撃破!?

激戦を強いられ、一時はやられそうになるものの父、葛城忍からのヒント(ハザードトリガーのやつ)をヒントに、4人で力を結集することでやっとエボルトの撃破に成功。
喜びもつかの間、葛城忍が現れエボルトから生成されたロストボトルを回収していく。一体彼の目的は何なのか?

という感じで。
抱きまくらのくだりとか料理のくだりとかも個人的にはかなり好きでした。
戦兎がそこからヒントを得る、なんて一幕もありましたし混ぜ方もうまかったと思います。
来週はいよいよ葛城忍の真の目的が明らかになるはず。恐らくこれが最終章になると思われます。
劇場公開もかなり近づいてきました、まさにラストスパートと行った感じ。

それでは、こんなところで。

ベルナーシュさんは話せるだけの力が残っているのだろうか

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です